WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラウザベースのスクリーンキャスト「ScreenToaster」がバージョンアップ!

TechCrunch50でも話題になっていた「ScreenToaster」、
ずっと使ってみたくて申請していたのですが、なかなか来ず。。
バージョンアップしたのと同時に人数制限少し解放したのかやっと使える様になりました。

"ブラウザーベースのスクリーンキャスト録画ツール"です。
動画キャプチャみたいなん(´・ω・`)


以下Demo。

「Playボタン」と「全画面表示ボタン」が2つ。
全画面でもかなりきれいに見れます。。
自分のPC画面のようで気味悪い(笑)

Free online screencasting tool


操作が簡単。開始も終了も、"Alt+S"のみです。
アドオンではないので、「ScreenToaster」画面を立ち上げておかなければ
ならないそうなんですが、もう殆どがタブブラウザなので問題ないのでは・・?
(逆にクロームとかだと使えないのか・・???)

読み込みとサイトのUpに多少時間がかかるのは動画なのでご愛嬌ということで。。。
音がないのは若干残念な感じですが。



折角なのに、何の面白みもないですが、
自分のBlogをスクロールさせてみた。。。
(開いてるタブとかアドオンが丸見えではずかしい。。。)

Free online screen recorder


そして折角なのでフルflashサイトでも試してみたくなった!
ピクルスminoruさんのUPしてた
「株式会社コルテックス」のコーポレイトサイト(?)はメルヘンで素敵★

これならflashない人も気分だけは味わえますねぇ~◎
(ただ音がない。。)↓是非ご覧ください。


Screencasts and videos online



ツールとしてはもちろんですが、サイトで共有もできるようになっています。
ジャンル、タグ付けで分類。
webでの共有も普通になったなぁ、、



今ならたぶんまだ試せます↓

via:TechCrunch
DL要らずのスクリーンキャスト録画ツール「ScreenToaster」がバージョンアップ(招待あり)

スポンサーサイト

NHKスペシャル「デジタルネイティブ」

※YouTubeが最近重いので見れなかったらごめんなさい。




ものすごく今更ですが、 NHKスペシャル「デジタルネイティブ」を観ました。
(11/10 22:00放映)
結構楽しみにしていた割には・・。核心に迫る内容ではなく消化不良な感じでした。。


日本だけでなく海外にスポットがあてられていたこともあるけど
対海外の日本の未熟さみたいなものを感じました。。。

SEM業界でも、最近やっと(?)日本だけでなく"外国語向けのサイト・コンテンツ制作を
考慮すべき"なんていうSEM/SEO関係会社の方の記事を拝見しますが、
なんというか、やっぱり受け皿思考なんだなぁと感じる。あ、いえ悪い意味ではなくて。。
Googleも検索をはじめ・YouTube・Googleリーダーなどなどに翻訳機能を加えていたりもするけど
そこからどれだけ日本で能動的なユーザが生まれてくるかも逆の課題だと思いました。(私も含め)
刈り取るか、だけでなく、巻き込むかも考えてみないと。
ああばっくり。。


ちなみに予告動画・特設サイトは・・↓
予告動画
特設サイト

特設では、「デジタルネイティブ度」をチェックできます(笑)
私は70%でした。。。。中途半端。。

無線LAN対応SD Eye-Fiが日本で登場!!

以前米にはある。無線LANを搭載したSDカード!で書いた
無線LAN対応SD、Eye-Fiが日本に登場するらしい。↓


eyefi


無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」、日本国内でも年内発売

なんと!まぁ。
わくわく・・・。

ということで一応おさらい。。



自動で同期してほしいモバイル機器(第6回)より引用↓

このSDカードを装着してデジカメで撮影をおこなうと、予め設定したアクセスポイントと通信ができる状態になったときに、自動的に撮影した画像を転送してくれます。転送先には、Web上のアルバムサービス(FotologやPicasa ウェブアルバムなど)と、自分のパソコン(のハードディスク)が指定できます。しかも、転送途中で電源を切ったり、再度、電源を入れてさらに撮影を続けても、写真が重複したり、欠落することなくちゃんと行ってくれます。


⇒ Eye-Fi




種類は3種類。
PCへの転送機能のみの「Home」、
PCへの転送に加え、Webサービスへのアップロードも可能な「Share」、
PC、Web サービスへの転送が可能で、写真に撮影した場所の情報を追加するジオタグ機能を搭載した「Explore」。


発売は年内で、価格は未定。
対応デバイス・媒体が非常に気になるところ。。

今あんまり使ってないデジカメを活用できるかな・・・
サイバーショットだから厳しいのでしょうか・・・・(T_T)
※メモリーsony規格のDUOです・・

データを音楽に乗せて配信する技術。DNPが開発。

DNP、データを音楽に乗せて配信する電子透かし技術の実証実験
音楽に文字や画像などのデータを埋め込む技術らしい。
市販の音楽再生機で音楽を再生しながら、
関連する画像やWebサイトのURLなどの情報を配信できる。
今後OOH・TVだけでなくラジオともいける。
今までなかった誘導方法が期待できる技術!
ただ・・専用PDAってどんなのなんだろう・・・

新聞・出版物と相性◎な技術★

サーチとは全く関係ありませんが。。。出版不況(※wiki)といわれる昨今。
最近も、「声に出して読みたい日本語」で知られる草思社が倒産してます・・
草思社:民事再生法を申請 中堅出版社、ヒット作も多く



そんな時代ですが・・・
ちょっと注目の最新技術★

紙のコピーにもDRM? 日立など、ミューチップ活用でによると、
ミューチップというのを活用して、書籍のコピー回数や状況を把握できるらしい。
具体的には・・・

書籍にミューチップを埋め込み、ミューチップリーダーを搭載したコピー機でコピーすると、書籍の種類やコピー回数を記録できる。出力した複写物には2次コピーをけん制する文字を埋め込むこともできるといい、「不適切な2次複写による利用を抑止できる」


とのことで、「著作物の複写利用管理システム」・・書籍版DRMみたいなもの。
日立製作所と日立システム九州、ゼンリン、リコーが実証実験に成功した、と発表。
一般書にどうこうっていうものではないんでしょうが、
今までオカネに出来なかったところをオカネにするシステムではある気がします。



もうひとつ。
こっちはモバイル端末です。
電子ペーパーの技術によるもの。

新聞を読めて音楽も聴ける“現代の巻物”――巻き取り式電子ペーパーケータイ「READiUS」
readius

具体的な機能面は・・・↓

本体部分には5つの操作キーとメニューキーなどがあり、ボタン上で指先をスライドさせると画面を上下にスクロールできる。機能面では電子書籍リーダー、電子メール/SMS、ポッドキャスト、RSSリーダーなどを利用できるほか、音楽再生にも対応している。なおRADiUSからは直接文字入力できないためメールなどは受信専用となる。

 さらにPCと接続して専用ソフトを利用すれば、RSS/ポッドキャストの配信設定や電話帳編集などが可能になる。電子ブックなどのコンテンツ購入はHSDPA回線を利用したオンライン経由のほか、PCでダウンロードしたコンテンツを転送して利用することも可能だ。Webブラウザは搭載していないが「将来は搭載を検討したい」(説明員)という。



コンパクトな巻取り型は便利だし、これでサクッと新聞が読めたら楽チンだなーと思います。
省電力なのでゆっくり読めるっていうのも魅力。webブラウザの搭載がされたらなお◎!
カラー表示が出来ない・メールが受信のみなのが残念な感じ。。ではある・・
これから他のモバイル端末でも採用を検討してほしい。
(今のところはちょっと無理あるみたいだけど・・)

「READiUS」は、2008年第2四半期~第3四半期の間に、
イタリアの通信キャリアTIMから発売される予定らしいです。


日本でも電子書籍端末ってあったと思いますが広まりませんね。。。。
(白黒で地味な感じだったりコンテンツが有料だったりするから?)
今はコンテンツがケータイでDL出来るようになってるので
それを別の端末で見ようって思う人は少ないかもしれない・・・
DSが成功してるように、何かプラスaは必要なのかも。


電子ペーパーは、日本でも一応
最近部分的に採用されたケースがあるようです。↓
日本初の電子ペーパー搭載携帯電話機,Eインクによるモノクロ表示のセグメント方式品を採用



電子ペーパーは省電力らしいので、
ケータイで問題となる「電池」の面で期待できるらしく、
あとは「READiUS」のように折り曲げることで
ディスプレイを大きくさせることが出来るところもメリット。

本格普及は、カラーが実現したら・・・な気がする。

米にはある。無線LANを搭載したSDカード!

あいふぃー

私は今日初めて知ったのですが、自動で同期してほしいモバイル機器(第6回)によると、
アメリカにはEye-Fiカードという自動転送してくれるSDカードがあるらしい。
(もしかして有名・・?)
⇒ Eye-Fi

詳しい説明を一部記事から引用↓

このSDカードを装着してデジカメで撮影をおこなうと、予め設定したアクセスポイントと通信ができる状態になったときに、自動的に撮影した画像を転送してくれます。転送先には、Web上のアルバムサービス(FotologやPicasa ウェブアルバムなど)と、自分のパソコン(のハードディスク)が指定できます。しかも、転送途中で電源を切ったり、再度、電源を入れてさらに撮影を続けても、写真が重複したり、欠落することなくちゃんと行ってくれます。



大体イメージはわくと思うんですが、
reviewがyoutubeにあがっていたのではっときます。↓
自動転送される様子がよくわかります。

すごい便利ですね★
記事によると今のところ日本では使えないそうです。残念。。。
国内で販売されていないため、無線LANの認可が下りておらず、
法律的に使えないとのこと。

日本でも使えるようになって欲しい。
一応米amazonで買えるみたいだけど。。。
使えないんじゃ意味がないw



・・・・で、これが「今後のモバイルのトレンド」と、
記事に書かれているわけですが、大賛成です!
日本でも何かしらのデバイスで対応できないのでしょうか。
個人的には、写メール大好きな日本人ってことで是非
デジカメだけじゃなく、ケータイに採り入れて欲しいと思います。
絶対売れる。

記事ではデジカメ(写真)を中心に書かれていますが、
sdは写真だけじゃなく動画・音楽dataなども保存出来るのだから、
いろんなdataが「デバイス間で自動同期」出来る時代ももうすぐと感じさせられます。
わくわく。

更に、アメリカでは・・・
AT&T,今春よりStarbucks店内で無線LAN接続サービスを提供するらしい。
米スタバといえば、i-tunes storeもあるわけなんで、これまた便利です。
「あ、動画落としたら容量足んない・・・・」とか、
「ためすぎて電池の減りが早い・・・」ってことは避けられるんですね。イイナ-・・


日本でも・・・だいぶ話にズレがあるけど
ちょっと「お」と感じた↓があり。
著作権うんぬんに対し、sonyが動いた!っていう意味で微笑ましい。
二次的って、モノマネも駄目なのっていうちょっと違和感のあった問題ではあるけど・・
ソニーの動画投稿サービス「アイビオ」、ユーザーが歌っている歌の著作権使用料を全額負担



おまけですが、
パッケージも面白い♪という動画もいくつかあがってました。↓

センス良いですね。使う前からわくわくしそう。

「黄金比率プリン」

プリン

ナムコ、森永乳業とコラボで「黄金比率プリン」を共同開発
株式会社ナムコは、これまで全国のフードテーマパークで開催してきた全国お取り寄せプリンイベント「プリン博覧会」におけるデータやノウハウを活用し、10月9日(火)より発売となる森永乳業株式会社の新商品「黄金比率プリン」を共同開発いたしました。今後、ナムコではこの経験を生かしフードテーマパークで培ってきたノウハウやネットワークを活用して、他企業とコラボレーションによる新商品の開発やプロデュースを積極的に進めてまいります。



◆森永乳業株式会社とのコラボレーション「黄金比率プリン」◆
 今回、ナムコ初となる森永乳業株式会社とコラボレーションした共同開発商品「黄金比率プリン」は、全国のプリン事情に精通するナムコ「最強のプリン発掘隊」*が、これまでに調査した、全国2,000種類以上のご当地プリンのノウハウを元に、人気のご当地プリン6種を選定し、森永乳業株式会社と食感や卵黄と生クリームのバランスを4つのポイントから科学的に分析し、理想の比率(黄金比率)を見出し商品化しました。


R25に載っていたので、思わず。
プリン好きにはたまりません!いよいよ明日発売開始とのこと。
どれくらいおいしいのか。。明日のお昼はコンビニ決定★
早く食べたい。
ナムコは今後も共同で商品開発を続けていくみたいなので
ものによってはヒットするかもしれませんねぇ。

ビクター、ハイブリッド構造を採用したインナーイヤーヘッドフォン「HP-FX300」

ビクター、ハイブリッド構造を採用したインナーイヤーヘッドフォン「HP-FX300」
日本ビクターは9月27日、密閉型インナーイヤーヘッドフォン「HP-FX300」を11月上旬に発売すると発表した。

 HP-FX300は、音漏れや外部ノイズを軽減し、快適な装着感で高音質再生が行えるインナーイヤーヘッドフォンだ。ドライバユニットの背面に比重の大きいブラスリングを加えたハイブリッド構造によってユニットの振動ロスを低減するほか、精密プレス絞り加工のアルミニウムハウジングを採用し、不要な振動を抑える。
さらにハウジング内部に制振ジェルを内蔵することでコードからのタッチノイズを軽減。また、アルミ蒸着振動板を搭載したφ8.5mm小型ネオジウムドライバーユニットを採用することで、外部ノイズに煩わされずに高音質再生が行える。

 装着スタイルには、ブッシュを上向きに装着しコードを耳にかけるタイプとなる。このスタイルは密閉感とフィット感を高めやすい。


イヤホンによって音の聞こえ方ってだいぶ変わったりするので
良いものがあれば変えたいです。
ただ1万円とか高額になると気が遠い・・・。
今は壊れてしまったのですが、個人的に気に入っていたのは
panasonicのイヤホン。もらい物なのですが、多分MDプレイヤー付属のもの。
かなり音がよくて気に入っていたのですが、P製のイヤホン、どこにも売ってないんですよねぇ・・

レーザーポインタでプレゼンに直接書き込み──「Afterglow」

レーザーポインタでプレゼンに直接書き込み──「Afterglow」
Lunascapeは、レーザーポインタの軌跡を画面上に書き込めるツール「Afterglow」を発表した。Windows 2000/XPに対応。受注販売で価格は、USB接続のカメラとレーザーポインタがセットで52万5000円から。同ツールは、マイクロソフトが主催した「Microsoft Innovation Award 2007」のコマーシャル部門で最優秀賞を受賞している(9月13日の記事参照)。
プロジェクタが投影するプレゼンテーション画面をUSBカメラで撮影することで、画面を指すレーザーポインタの軌道を自動追尾し、アプリケーションが動作する画面上に文字や図形を書き込むことができる。
プレゼンテーションしながら重要な部分をマーキングするなど、スクリーンをデジタルホワイトボードとして利用できる。また、ペンの太さや色を変えられるだけでなく、半透明の「マーカーペン」や筆書風の「サムライペン」なども用意した。このほか、マウスモード機能を利用すると、マウスカーソルの移動やクリック、ドラッグにも対応。PCやマウスに触れることなくソフトの起動や、OSの操作をレーザーポインタのみで実現できるという。


なんだかすごいもんが出てきました。「開発した」ネタではなく「販売開始」です(;´Д`)
つまりこれって、ホワイトボードもホワイトボードペンがなくてもOKなのです。
レーザーポインタでOS・マウスの操作も出来る。使ってみたい・・

ケータイが15分でフル充電可能に--村田製作所とエプソン、ワイヤレス充電システムを開発

ケータイが15分でフル充電可能に--村田製作所とエプソン、ワイヤレス充電システムを開発
充電器の上に置くだけでデジタル機器が充電できる「ワイヤレス急速充電システム」を村田製作所とセイコーエプソンが共同で開発した。両社は3年後の実用化を目指す。また、試作品を10月2日より幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2007」で展示する。

携帯電話で使われている電池程度の容量であれば、約15分でフル充電が可能だ。
両社が開発したシステムであれば、充電器の上に載せるだけで充電できる。このため利便性が向上するほか、1つの充電器で複数の機器を充電でき、ケーブルの管理などが要らなくなる。


最新充電器到来!?「15分でフル充電」も魅力的だけど、
個人的にはコードなし「複数の充電が可能になる」っていう方が便利なんじゃないかと思います。
いつでもどこでも充電。公共施設に設置されたら便利!


携帯電話に小型プロジェクター

テキサスインスツルメンツの携帯電話内蔵プロジェクタを触ってきました

携帯電話の画面の大きさには自然と限りがありますから、どれだけ解像度が細かくなろうと、画面は大きくならない以上不満が募ります。

テキサスインスツルメンツはそれに対する解答として、以前から小型プロジェクタの研究を重ねてきていたのですが、いよいよ携帯電話の端末に内蔵できるレベルに到達。先日ニューヨークで開催された Pepcom においてEngadget の特派員が実機のデモに触れてきました。画質や明るさにはまだまだ改善の余地はありますが、それでも昔に比べればかなり明くなってきました。


使うかどうかは別として、機能としてあったら結構面白い気はする・・(ノ´∀`*)
ハンズフリーで動画やTVがみれるわけです。
画質が綺麗になるのが最低条件になるかもしれませんが。
夜、寝れなくて、携帯で天井にTVを映して観る・・・
なんてゆうのも出来るんですねぇ。

ニフティ、産学協同による「実践的」なインターネットサービス構築の講座を開設

ニフティ、産学協同による「実践的」なインターネットサービス構築の講座を開設
~慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)に寄附講座を開設~

ニフティは慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの学生を対象に、新しいネットサービス構築を目的とした実践的な講座を開講。ニフティ社内では得られないような斬新なアイディアを発掘し、評価の高いアイデアについては、「ニフティラボ」での公開も行う。


ほんとに受けてみたいです。
gooみたいな感じになるんですかねぇ

電話が大地震をカウントダウン 三洋電機が開発

電話が大地震をカウントダウン 三洋電機が開発
気象庁が10月から始める緊急地震速報を活用し、大地震の発生を音声で警告するコードレス電話機を三洋電機が開発した。
電話の親機を光電話やADSLの回線につなぐだけで使える。
地震が震源地近くで観測されると、気象庁が震源地や規模などのデータをインターネット経由で配信。そのデータをもとに、地震波が到達するまでの時間と予想震度を自動計算し、リビングや寝室などにある子機が音声と液晶画面で警告する。




これも気になったちょっと前のニュース。またもや三洋電機。
商品化はまだのようですが、こーゆうのはあるべきだぁぁ。
いままでなかったのが不思議な気もします。
詳細はわからないのですが、固定電話を使用?
あくまでも気象庁発表のもののみ・・?
そのうち他の家庭電化製品でもこーゆうのを作るんでしょか。
冷蔵庫とか電子レンジとかで実現したらいいなぁと思います。
電車にも活用されたらいいなぁ。

三洋電機、充電式カイロなどeneloop製品を拡充

三洋電機、充電式カイロなどeneloop製品を拡充
三洋電機は9月4日、くり返し使え、リサイクルできるという環境性能の高い「eneloop」ブランドに、充電式のカイロ、ポータブルウォーマー、バッテリーの3機種を発表した。9月21日から順次発売される。価格はすべてオープン。




ちょっと前のニュースですがとっても気になる製品ニュースです。
充電式ホッカイロ。
PCで充電できるそうです。
しかもこのホッカイロから他の様々な携帯機器にも充電出来るとのこと。
USBポートは2つ。つまりPCに接続しながらケータイへ充電するなんていうことも出来る訳ですよね。
見た目もかわいく、しかも安い。冬には話題になるでしょうか?
下記電池の詳細引用。

【eneloop mobile boostar】
 バッテリー「eneloop mobile boostar」は、単3eneloop充電池2本を利用する「KBC-E1S」とリチウムイオン電池を内蔵する「KBC-L2S」「KBC-L3S」の3機種を用意した。eneloop mobile boostarにUSBポートを備えることで、PCから充電でき、充電した電源を携帯電話やデジタルプレーヤー、ポータブルゲーム機などに出力できる。

 E1Sは、同梱する単3eneloop充電池を電源として使用。eneloopを電源としてそのまま使用できるほか、USB経由で約70分の給電が行える。

 専用リチウムイオン電池を2本内蔵し、約240分の給電性能を備えたL2Sは、USBのほかACアダプタからも充電できるハイブリッドタイプ。USBポートも2つ備え、同時に2つの機器へと充電が可能だ。

 L3Sは、専用リチウムイオン電池を1本内蔵した小型、軽量タイプ。給電時間は約120分となり、充電、出力はともにUSBを利用する。

KBC-E1S 予想実勢価格:3000円 12月11日発売 
KBC-L2S 予想実勢価格:5000円 12月11日発売 
KBC-L1S 予想実勢価格:3000円 12月11日発売 

USBを挿すだけでPCを子供モードに切り替える「ぱそこんキッズキー」

USBを挿すだけでPCを子供モードに切り替える「ぱそこんキッズキー」
バッファローは、USBポートに挿すだけで
PCを子供専用モードに切り替えられる「ぱそこんキッズキー」を
9月14日に発売する。


これはいい。
きっといい。売れるさ。買うさ。そんな気がする。
最近ディズニー。IT化。家族向け料理サイト?とかもはじめてます、、、

バッファローとバンダイ初のコラボレーション商品!
お手持ちのPCが簡単に子ども専用PCに変わる!
「ぱそこんキッズキー」 (ディズニーバージョン) 9月14日(金)発売
~子どもたちに安心・安全なPCライフを提供~

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。