WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!検索インフォセンター&カスタム検索リリース


夏休み中につき更新頻度UP中です。。。
整体行って体力有り余ってます。。ムキムキ


Yahoo!からインフォセンター&カスタム検索がリリースされました。
どちらも媒体管理者向けのサービスです。
Googleのヘルプとカスタムエンジン(名称違うかも)みたいなものです。
要望が多かったみたいですね・・やぱり。↓↓

サイト管理者向け情報、ココにあります。 Yahoo!検索 インフォセンター - Yahoo!検索 スタッフブログ


惜しいのはモバイル対応してないこと。
このタイミングなら是非揃えて欲しかった。。。


でも。

インフォセンターはSEOやってない私にとっては勉強になります。
勿論全部読みましたyo^^;
少しは自分の言葉で説明出来る様になれそうです。
基本的なことがちゃんとまとまってるって助かりますネー。。


●インフォセンター - Yahoo!検索
内容としては、リンク先の記載の通りです。
Googleよりも分かりやすく、全般的な感じで書いてくれてる印象。

Googleのウェブマスターツールで実現できちゃうことがちらほら書かれてますが。
Yahoo!webサイトエクスプローラーでもそのうち出来る様になるのかな・・?
米ではどうなんだろう・・クローラー頻度の調整とかネ。


●カスタムサーチ


Googleよりも選択の幅が広い。
常にクエリに追加する「追加クエリ」および「削除クエリ」なんていうのは
ちょっと面白い。使い道も広がるかもしれないなぁ。。
ちゃんと書いておくことも必要だろうけど、ユーザビリティ上げてくれるかもです。




yahooからこーゆうのは嬉しい。



スポンサーサイト

2008年のSEOについて

2008年 SEO展望 (前編) - 日米 SEO への取組みの違いから見る今後のSEO 展望
検索エンジン利用者がどのようなシチュエーションで検索をしているのか、その行動をよく観察し、ウェブサイトをどのように検索エンジンに最適化(SEO)させていけるかという視点が必要。SEOは検索連動型広告の単なる代替手段ではない。


後編もあります。SEMリサーチより。
ざっくりまとめると、日本のSEOでは「リンクの購入」が一般化しすぎているけど
それは今後全く意味のないものになるでしょう、ということ。
(ざっくりしすぎなのでリンクから読んでください。)

これは凄く最もな意見だと思います。
SEO施策として「リンクの購入」が
ビジネスとして成り立ちやすい(わかりやすくお金になりやすい)から、
今もこうした商売が成り立っているのではないかと思います。

「リンクはれば検索エンジンの評価があがって上位にくるんで
 そのうち広告費払わなくても誘導できます」といえば良いんだから。

でも皆気づいている。
検索エンジン・媒体は「より的確な」情報をユーザーへ伝えたいし、集客をしたい。
SEO業者とエンジンをもつ媒体は常にイタチごっこ。
こんなことに意味がないことは考えなくても大体の人は分っている。
じゃあなんでやらないのか。
SEO業者が代替案をだせないから・楽だからでしょ。
記事を書かれた方と同意見ですがちゃんと考え直すべきだと思います。
(もう水面下では動いていたりするのかもしれませんけど)

SEOは広告ではないのだから。
求めていない人にまでコンテンツを見せることが
ユーザーにとって望まれているとは到底思えない。

これはSEO業者にとっての課題でもあり、媒体側にとっての課題でもあるはず。
SEO業者として、「コンテンツの価値を上げていくこと」を売るって
例えばどんな方法があるのでしょうか。
媒体側として、情報に対するユーザーの切り分けは難しくないのだろうか。

対象はあくまでも「検索ユーザー」だということも忘れてはいけない。
しつこいようだけど、ユーザーは何かを探しているんだから、
結局はちゃんと誘導してあげるべき。

ん。これってリスティングの考えと一緒じゃないかとふと思う。

そう考えると百度のアルゴリズムはあながち悪くない。↓記事にもかかれてる
広告と同列っていうのは微妙ではあるけど。
(広告って表記くらいはしたほうがいいだろ、、。。。)
リスティングの甘みは減るけど、いっそのこと一緒にしちまえばいいのに。w

高まる検索エンジン・ナショナリズム(後編)--なぜGoogleは「百度」に負けたのか?

※以上は独断と偏見に基づいて書いてますので悪しからず。


どうなるアイレップ?

DACとアイレップ、リスティング広告・SEOの新会社を合弁で設立
株式会社アイレップとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社は、リスティング広告やSEO及びその周辺サービスを提供する合弁会社を設立することで合意した。

 両社では、これまで各々がリスティング広告とSEOに取り組んできたが、今後、更なる事業発展に向け、両社で連携し広告会社向けにリスティング広告・SEO等を提供する合弁会社を設立することとなった。


アイレップ、シニアマーケティング事業の新会社「株式会社あいけあ」を設立
株式会社アイレップは、7月の取締役会で承認された新設分割計画に基づき、シニアマーケティング事業の新会社「株式会社あいけあ」を、1日、設立した。

 同社では「供給者・利用者間の情報流通を利用者側の視点で最適化し、利用者と商品・サービスのベストマッチングを追求することにより新しい価値を創造する」という基本方針のもと、既存のマーケティングノウハウを活用し、特定の産業の経営課題を解決する観点からシニアマーケティング事業を行ってきた。

 今回、同事業を分割し、株式会社あいけあとして独立することで、競争力の強化と経営の合理化を推し進め、さらなる事業の拡大を目指していく。


私はアイレップとDACの合弁会社設立のニュースを先に知ったのですが、
シニア事業のほうでも新会社を設立するようです。
アイレップはSEM・SEOでシェアを持つ企業であるのはご存知の方も多いかと思いますが
シニア事業のほうも以前からやっていました。
それを今から新会社を設立するということは・・・アイレップの柱はどこに?という疑問が浮かんできます。
詳細は知りませんが、、これはDACの買収???

ジャパンフレッシュ、100円SEOを開始 - 100サイトからリンク獲得

ジャパンフレッシュ、100円SEOを開始 - 100サイトからリンク獲得
株式会社ジャパンフレッシュは9月25日、100サイトのトップページからリンクが獲得できる「100円SEOリンク」を開始した。「100円SEOリンク」はヤフー登録サイトを最低2つ含む、優良サイト100のトップページからリンクがもらえるという。費用は月額1万円。


SEO・・・と言うべきか謎ですが、月額1万円は安い。

今後のSEOに関してのつぶやき 2

ファンコミュニケーションズ、ランディングページを活用したEC構築ツールを販売

株式会社ファンコミュニケーションズは、ランディングページを活用したEC構築ツール「LPコマース」のサービス提供を開始する。

 同サービスは、ランディングページの制作とアフィリエイトでの集客がパッケージになったEC構築ツール。
ランディングページは、豊富な活用事例とテンプレートをもとに、効果的なページが作成でき、
また集客については同社のアフィリエイトネットワーク「A8.net」が標準装備。
約50万サイトのアフィリエイトサイトに対し成果報酬型での集客活動提携を求めることが可能となる。

 また、メールマガジンのテンプレートも100種以上を用意。
さらに、ブログベースでのコンテンツマネージメントシステムを採用しているため、利用するだけで高いSEO効果も期待できる。




先日日経にもかかれていましたが、今後のネット広告業界では
広告のプランニングだけでなくSEO含めたwebマーケティング的なサービスや視点が重要になってきている。
どんな市場でどれだけ相乗効果を獲得出来るか、というのが売りになったりするのでしょう・・
そのために、今後は更なるノウハウと解析技術面が求められるのかもしれないです。
PCだけの話だけではなく。

こんな記事もあります。
アフィリエイトがもたらしたもの
確かに個人のアフィリエイターでも実現可能な部分は多く、
そうした傾向は広がりつつあるのかもしれません。
記事で書かれているような総合力、私にもほしいです。
必要なんだと思います。がんばります~


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。