WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフトの検索市場戦略を語る

マイクロソフトの新グル、ばん回を目指す検索市場戦略を語る
ウェブ検索に関してだけは、Microsoftは明らかに負け組であり、同社が通常はいない位置にいる。

 Microsoftの米国での市場シェアは、トラフィックデータを収集している事業者によって違うものの8%から13%の間にある。Yahoo(20%から23%のシェア)の後塵を拝しており、Google(54%から64%のシェア)にははるかに及ばない状態だ。またMicrosoftのシェアは下がっているようで、Hitwiseによれば1年前に比べ4%近くも下がっている。

 Microsoftはこの距離をどう埋めようとしているのだろうか。2007年のはじめ、同社はMicrosoft Search and Winと呼ばれるプログラムを開始し、Live Searchサイトを使っているユーザーに対して報償の提供を始めた。このプログラムで、同社の今年夏の市場シェアは跳ね上がった。しかし、自社の検索エンジンを使う人に埋め合わせをする方法は、一時的な市場シェアは上昇させても、市場シェアを向上させる長期戦略としてはよいものではない。

 Microsoftは検索分野全体としてライバル企業に追いつきたいと考えており、より詳細に立ち入れる専門検索を提供するいくつかの分野を設定している。現在は、有名人とエンターテインメント、製品検索、地域検索、健康分野などを専門的な検索を提供する価値のある、実りの多い分野として見ている。


個人的にはまだまだ闘う余地はあるんじゃないかと思います。
Googleが検索市場で世界レベルのシェアを持ち、
他の市場をも脅威を与えるといわれている昨今ですが、
それはなぜでしょうか。

ひとつはGoogleが何にせよ「早いから」だと思います。
他が考えているにせよ実行が早い、普及が早い、
また今は母数を多く抱えるGoogleだから
そこから相乗効果を生んでいる部分もあるはずですが。

もうひとつは「ユーザーへのイメージ」だとも思います。
検索精度が高い、そーゆうイメージがあるはずですし、
実際にそうかもしれませんがイメージが与えてる要素も大きい気がします。
技術的なことはよくわからないので
どこまでどうだとかはわかりませんけど。


検索精度の高さはもとよりUI次第でイメージが変わるかもしれないとも思うこのごろ。
検索という行動がユーザーにとって一般的になるにつれ、
それをどう見せるかというのは重要なことだと思います。

同じ精度のものをどう見せて、どう使わせるか。
その点でいえば、日本yahooとGoogleで考えるなら
良い構造になってるとも考えられる気もします。

昨日のブログであげた最近のGoogleまとめ 10/14より
利きGoogleの記事からも、ユーザーの感じる「検索結果」精度的には
圧倒的にGoogleが勝るもシェアのパーセンテージと比較すると若干低い気がしますしね。

あくまでもそれも「今は」ということだとは思いますが。
日々変えようと今も動いているのがGoogleです。
現状ではその途中段階にあるはず。Googleはやっぱりすごいんです。


でもそこでどう変えていくか、シェアを追いつくには、
というよりもMSから下記のような返事が返ってくると誇りを感じられるし好感をもてます。


下記引用ですが、良いことをいっています。
ユーザーの獲得により広告収入を得るというのは、今のモデルであって
他の形が出てくればそもそもそんな問題ではなくなるとは思う。。
ただ、ネットの性質上、そこから利益を生んでいくのは難しいんでしょうね・・
頑張って欲しいですねぇ。
それを変えていけるような、構想を私も考えていけたらいいなぁと思います。

業界のリーダーであり自分たちよりもずっと以前から事業を始めている企業に追いついたという事実は、われわれがより良いものを提供できるという望みを与えるものです。しかし、そうでなければシェア1位は得られないのでしょうか。わたしはそうは思いません。その1つの理由は、われわれがシェアを拡大できると証明したからです。

 われわれが過去にシェアを失ったことはここでは忘れましょう。Live Clubでユーザーとの深い関係をつくることについてできたことを考え、われわれの持つ差別化された機能とコアに対する追加機能を考えれば、より多くのシェアを得られるはずだと考えています。

 追いつくことができれば、すぐにナンバー1になれるのでしょうか?それは大いに議論の余地があります。しかし同時に、7000万人のユーザーと 500万人のユーザー、そして彼らに他の検索エンジンよりもよい体験を提供できることを考えれば、現在われわれがいる位置よりもよい成績が残せると信じています。


MSは期待できるものをたくさんもっています。
例えば、、、Silverlightにしても。公共的機関との連動サービスにしても。
様々なデバイスにしても。

OS・オフィスなどを除くとどうしてもシェアという点では劣りますが
今後どう動くかチェックしていきたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldwidewebad.blog117.fc2.com/tb.php/154-098aee6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。