WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「初音ミク」画像検索問題で、検索エンジンの“違い”に再び注目が

「初音ミク」画像検索問題で、検索エンジンの“違い”に再び注目が

Yahoo! JAPANとGoogleで「初音ミク」を画像検索しても、適切な結果が表示されないという問題について、両社が対応を進めている。

 10月18日の時点では、Yahoo! JAPANでは検索結果が0件、Googleでは初音ミクとは無関係の画像が表示される状態となっていた。ヤフーとグーグルでは、いずれも表示におかしい点があることは認めながらも、原因については不明であるとして、調査と対応を進めるとしていた。

 Yahoo! JAPANでは10月25日現在、「初音ミク」の検索結果は表示されるようになっているが、アクセスのタイミングによっては検索結果が異なるなど、やや不安定な状態となっている。ヤフーでは、現在もこの問題について対処を進めているという。

また、Googleでも画像検索結果に少しずつ初音ミクのイラストなどが表示されるようになってきているが、依然として初音ミクとはあまり関係ないと思われる画像が上位に表示される状態が続いている。グーグルでも、この問題についてはなんらかのバグなどの問題ではないかと考えており、正しい表示がされるよう対策を行なうとしていた。どのような対策を行なっているのかについては現時点でコメントが得られなかったため、回答が得られ次第お伝えしたい。

一方、今回の騒動の中では、マイクロソフトの検索サービス「Live Search」が注目を集める結果となった。Live Searchでの「初音ミク」の画像検索結果は、初音ミクのキャラクターイラストや製品パッケージなどが多数上位に表示され、ほぼユーザーが求める検索結果となっている。

 この点についてマイクロソフトでは、「初音ミク」という単語に何か特別な処理をしていることはなく、他社のサービスと比べて良い検索結果が出ているとすれば、9月末に検索エンジンの精度向上を図ったことが要因の1つではないかと説明。今回の騒動では、ユーザーの側から各社の検索結果の比較が話題となったことについては歓迎したいとして、今後ともさらにユーザーが求める検索結果が表示されるよう、改良を進めていきたいとしている。

 また、gooとlivedoorはWeb検索にはGoogleの検索エンジンを採用しているが、画像検索には別のエンジンを採用しているため、検索結果の違いが注目を集めた。
gooでは、画像検索にNTTの研究所が開発した独自のエンジンを採用しており、「初音ミク」の画像検索結果も多数の関連画像が表示される。gooでは、独自エンジンを採用している理由については、モバイル検索などgooが独自に展開しているサービスでも利用するためと説明。画像検索では、独自の機能として類似画像を検索できる機能を提供しており、イラストなど特定の種類の画像を検索したいユーザーに利用してもらいたいとしている。

 livedoorでは、画像検索にグローバルコミュニケーションズの「Jieks」というエンジンを採用。検索対象となるサイトは国内主要ブログを中心としているため、「初音ミク」の場合であれば1日前までの画像が検索結果に反映されるなど、新しい話題についても対応できる点が特徴だとしている。

 かつては様々なポータルサイトが独自の検索技術を競い合っていたが、現在では多くのサイトがYahoo!やGoogleのエンジンを採用しており、ユーザーが複数の検索エンジンの結果を見比べることも少なくなった。こうした状況の中で、今回の騒動は画像検索という分野ではあるものの、改めて検索エンジンの違いが注目される結果となった。


謎です。「Live Search」が注目を集めたとのことでちょっとほほえましかったりもします。
Gooの検索エンジンも気になります。ちょっとずつ実験も増やしてるし。。

検索エンジンといえば、、下記のニュースも気になります・・

NTTデータとファストが協業--各社の技術を結集した「なずき サーチ」を開発
 NTTデータとノルウェーのFast Search & Transferおよびその日本法人ファスト サーチ&トランスファの3社は10月25日、企業内の情報を検索するエンタープライズサーチ分野で協業すると発表した。

 3社は今後、NTTデータの持つ日本語処理エンジン「なずき」とFastのエンタープライズサーチプラットフォーム「FAST ESP」を統合した新製品「なずき サーチ」を開発する。

 なずきサーチは、キーワードなどの検索クエリと、検索対象となる企業内の情報の双方に日本語解析処理を実施することで、より高い検索精度を実現する。クエリと検索対象の意味情報、志向情報などから計算される独自の「意味強度」を使い、意味的により重要な情報を検索結果の上位に位置づけることが可能だ。また、検索対象となる企業内情報に自動グルーピング処理を施し、情報探索時には各グルーピング項目をクリックし、ブレイクダウンさせるだけで必要な情報にたどり着くこともできる。なずき サーチは、NTTデータを通じて販売する。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldwidewebad.blog117.fc2.com/tb.php/178-e8bcab63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。