WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSあれこれ11/18

随分と日が経っていますが、ちょろっとまとめ。

MS、音声読み上げ用ファイルにコンバートするWord用ツールを提供へ
MicrosoftとオープンソースサイトSourceForgeは2008年はじめに、「Office 2007」ファイルを、テキストから音声に翻訳する「Daisy」フォーマットに変換可能にする無料のプラグインを提供する計画だ。

 この無料ツールにより、「Word 2007」と「Word 2003」に「Save as Daisy(Daisyファイルとして保存)」オプションを追加できる。Daisy(Digital Accessible Information System)形式のXMLファイルは、オーディオナレーションが組み合わさった音声シンセサイザーで「読み上げる」ことができ、また、電子点字を作成することにも利用されている。ユーザーは、ヘッダやインデックスなどのページエレメント間を移動しながら、オープン標準のDaisyドキュメントを操作することができる。

 約70の非営利団体で構成されるDaisy Consortiumは、公開されたあらゆる情報を視覚障害や学習障害を持つ人にも利用できるようにしようと、1996年より取り組みを進めている。



マイクロソフト、エンタープライズ検索ツールを無償提供へ
 2008年から、Microsoftは「Microsoft Search Server 2008 Express」と呼ばれる新製品を無償提供する計画だ。この製品では、複数のデータベース、社内のコンピュータシステム、インターネットにまたがる検索結果をまとめて閲覧することができる。Microsoftでは無償の製品に加えて有償バージョンも計画している。有償バージョンは基本的に無償バージョンと同じだが、複数の物理サーバで実行できるライセンスが受けられる。Microsoftは、有償バージョンの価格について2008年の発売日が近づいた時点で発表すると述べている。

 しかし、Microsoftは現時点で製品を発表することによって、ある程度の注目を集めておいて、最終的にはエンタープライズ検索とウェブ検索の両方で同社の地位を高めてくれる製品を発売したい考えだ。

 Microsoftは米国時間11月6日にExpressの「リリース候補」のテストバージョンを公開し、完成版および有償版を2008年初頭にリリースする計画であることを正式に発表する予定だ。いずれのバージョンも、社内にあるファイルの検索機能と、Google News、Wikipedia、BusinessWeekといった社外のウェブサイトやデータベースを検索する機能が組み合わされる。

 両方の製品には、初期状態でMicrosoftのLive.com検索エンジンの検索結果も含まれ、「more results(さらに多くの結果)」をクリックするとブラウザの中でLive.comに導かれる仕組みだ。MicrosoftではLive.comの検索結果へのリンクを削除し、他の検索プロバイダーの結果を含めることができるようになると言っている。

 これらの新製品は「Microsoft SharePoint Server」から派生した製品である。SharePoint Serverには企業版ソーシャルネットワーキングプログラムとして使用できる人探しツールのような企業ポータルのための追加機能が搭載されている。

 IBMはすでにYahooと協力して無償のエンタープライズ検索ツールを提供している。Googleも、Autonomy、Fast Search & Transfer、Endecaのような企業と同様にエンタープライズ検索に投資している。



Gatineau - マイクロソフト・アナリティックス ベータテスト開始
Gatineau(ガティノー)とは、Microsoftが提供予定のアクセス解析ツールです。
(関連記事:Microsoftが独自アクセス解析ツール、Gatineauを開始)

そのGatineauのプライベート ベータテストが、いよいよ始まりました。

最初のインビテーションが、一部のユーザーに送られています。

Gatineauの代表的な機能は、次のとおりです。

* クリックとビジターのトラッキング
* マーケティングキャンペーンのレポート
* コンバージョントラッキング
* 人口統計(男女、年齢)・地理に基づく分析
* ペイドサーチ(PPC)とナチュラルサーチのアクセス解析
* ビジター情報(ブラウザ、言語、OS、解像度など)

こう見ると、Google Anaylitics(グーグル アナリティクス)に非常によく似ています。
GAに対抗して出したとも思われるので、当然といえば当然ですが。

一部の機能は、マイクロソフトのPPCプログラム、Microsoft adCenterと統合されています。



Gatineauのリリースが一番気になりますが、
まだ一部ユーザーに限られたものだそうです。

媒体所有者はいまや企業のみならずといった状況下ですし
解析ツール普及はプラスになるんじゃないかなぁーと思います。
Googleのスピードについて来れるのかなぁという気はしますが、
AdcenterではGoogleにはない属性判断機能もあるのでちょっと期待。
使い勝手は悪そうな予感・・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldwidewebad.blog117.fc2.com/tb.php/185-7e4d449f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。