WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共圏と「メディア」

広告βさん「サードプレイスと収益モデル」を拝見し、
在学時代、最も影響を受けた話についてふと思い出した。

サードプレイス・およびお茶の間に対する考え方と通じるものがある。


恩師 東島誠先生の『公共圏の歴史的創造』は、
日本中世~近世史における公共圏の構造を
社会学的視点から考察したもの。(多分)

この「公共圏の創造」には「メディア」の存在が大きく関わっており、
所謂「本」であったり、「新聞」、「広告の元祖」であったりがその対象となる。
これらメディアは「広場」から生まれ、
「mediator」や「市民」により様々に形態を変えながら、
そして浮き沈みを繰り返しながら、現代のメディアへと発展を続けてきた。

なぜ「広場」か?
広場はあくまでも一例なのだが
publicか否かという点で他の場所と異なる。

ポイントとなるのは、
publicな「場」、mediatorという「媒介者」、そして「media」である。


歴史的考察といえど、現代に活きるものだと感覚的に思うところが多い。
難しい世の中の仕組みはさておき、
ネットの世界では「mediator」が散在しすぎている。
誰もがそのチャンスを持つが、価値を高める方法を知らない。

GoogleをはじめとするAMPが凄いと思うのは
新しいメディアの価値を提案してくれている気がするから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldwidewebad.blog117.fc2.com/tb.php/204-3b0a34fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。