WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディアの価値について

最近思うことを書いてばかりですが、自分の考えたことをちょっとまとめ。

メディアの価値について・・・
という前に、まずメディアおよびコンテンツ・制作業への魅力ということから。

もともと制作、、、というより、
個人的に「モノヅクリ」全般への関心があったこともありますが、
最近はちょっと違う視点から制作への魅力を感じています。


①「認知への回帰」のチャンスを持つ点。
広告業界では基礎知識として挙げられる?
消費者行動理論?AISASというのがありますが、
メディアおよびそこに存在するコンテンツは
最終的な「着地点」としてActionの部分で訴求されることが多い。
そこに対して違和感を感じます。

確かに「着地点」ではあるのですが、
そこには当然「認知」を促進するケースも存在する。
「着地」であり、「認知」を与える可能性という点では、
本来もっとメディア価値を高めていく必要性があるのではないかと疑問を感じます。

リスティング広告での誘導を考える際、
まずはコンテンツ、なければLPへの誘導というのは一般的な方法論で、
代理店的な提案だと(まぁ忙しいからなのかもしれないけど)
どうにも「リスティング」であったり「キャンペーン(ページ)誘導」が主体になりがち。
LPを作ることというのもメディア価値を高めるひとつの方法かと思うので
逆に、誘導出来たから良いでしょ、認知図れたでしょ、っていうのを
目的とした提案は賛成できない。

ぺらっとつくってしまうのではなく、
コンテンツとの一貫性だったり、より認知・ブランディングを促進するような
制作や提案がしてみたい。

それが具体的に出来るのは企画・制作の魅力だと思う。
もちろんそれだけじゃだめなんだけど。だし、どうしても数字で求められちゃうのかな。。
やってないからわからない。


よく、「S」earchの部分から始めましょうという話もあるけども、(リスティングとかSEOとか)
結局のところ着地したコンテンツに魅力がなければ
はっきり言って意味がないんじゃ?と思うこともある。
メディア・コンテンツへ着地した時にどれだけその魅力を伝えることが出来るのか、
というところもそうだし、更に回帰できるような仕組みが進めば面白い。

今全くないという風にも思っていないんだけど、
どうにもそこの部分はもっと開発できないもんなのかなぁと感じてしまいます。
あるとすれば「S」hareにあたる
ブログパーツやレコメンデーションツールなんかはうまく機能してるのかも。


例えば、なんだろう・・
メディア自体に広告の予告作っちゃうとか?
はい。単なる思い付きです。

メディアはメディアであって、広告商品ではないのに
そんな感覚になってしまうよくない癖がついてます。。。反省。



回帰、というか循環する必要に魅力を感じるのは
ネットならではなのかもしれませんが、

②「クライアント」も「メディア」も結局はメディアorコンテンツを持っている

・・・ということもひとつの理由。

規模が大きい場合だとそーゆう感じ方も違うのかもしれないのですが。。。


もっとちゃんとページ(メディア・コンテンツ)つくろうよ、
っていってみたいわ。早く。


まぁ・・・今更だし、全然お金になりそうな話しではないんですけど
そんなところにwebメディア自体に価値を感じています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldwidewebad.blog117.fc2.com/tb.php/205-768e1c6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。