WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“凄いでしょ”と“面白いでしょ”の違い

商品の売り方およびその資料作成について考えてました。

別にたいした話でもないんですが、、
同じような商品をより価値をつけて(高く)売ったり、リピートしてもらうためにはどうしたら一番良い展開になるか…なんてなことを。


もちろん、商品の特性や扱われる市場によってまったく違うのかもしれないけども、
売るためのストーリーは広告販売とて一緒じゃないかと思うのです。
だから売る側は、予め買う側の発想をヒアリングしないといけないと思う。
当然ですが。


自分はガシガシ売る感じの職ではなく
よくわからないんで想像でしかないので、所々きれいごとになっているかも。


ただ最近資料つくるときに度々気になって気になって
帰り道に考えたりしてしまいします。


自分がその資料をもって、どのような手順で話をするか、
どうしたら相手の理解や共感を得られやすいか、
どうしたら任せてもいいという安心感を与えられるか。


ひとつ思ったことは、
売る、にも相手に合わせた話の仕方、よく言われるストーリーというやつが必要だということ。

そんで更にステップをふんだ方が効率的だということ。

2つの段階をふむ。想定する。


一つは、理解をしてもらうための啓蒙。
こっちには、“面白いでしょ”を伝えるべき。
相手は買う気があるかどうかすらわかんない。
判断は担当者レベル。
聞いてはくれるかもしれないが、
内心眠いかもしれないし、飽き飽きしているかもしれない。
いろんな場合があるんじゃないかなぁ。
たいがいは話の内容以外に気がまわりがちのような気がする。

だから、敢えてハッとしてもらうような、例え話がたくさんあったらいいんじゃないかと思ったりする。


もう一つは、買ってもらうめの動機付けと説得。

こっちは“凄いでしょ”を伝えるべき。
より優位な情報や交渉が必要で、判断は部内や上長の理解がいる。

加えてスムーズな受注フローやスケジュール、新規であれば契約までがまわらないと、
買うほうは途中でやたらめんどくさい思いをすることになる。

だからこそ、
サービス精神を持った対応や、具体的数字のある話を用意したほうがいいのだろうと思う。


両方とも、提案をする行為そのものに変わりはないのですが、
まく種が違う。



資料は単純に中身の凄さだけや、わかりやすさだけを追究するのでなく、
相手からヒアリングした上で、
何のための資料か、の用途をきちんと買ってくれる相手、一緒に売ってくれる相手に伝えきらなきゃだめじゃなかろうか。。
資料ってそのためのツールとして使うべきなんじゃないのかと思うこのごろ。


作った資料を読んでるだけ、話をして押しつけてるだけになっていないか?


当たり前のことかもしれないけど、自分は出来ていない。

要改善です!

思わずケータイからはしりがきしてしまいました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldwidewebad.blog117.fc2.com/tb.php/285-a3441225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。