WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レップの子会社化とネット広告市場について

携帯よりUP。リンクなしです。。

電通のcciTOB、博報堂の第三者割当増資に伴うDAC子会社化について…。
非常に気になる話であります。
対極とも言えるビッグニュース…
いろいろと批判もあるかもしれませんが今の経済状況からいえば悠長なことは言ってられず…仕方のないことなのかもしれません。


レップ事業を収益化することの難しさに対し、ネット広告市場は、一応成長過程で、どうしても反比例してしまう部分。要素は別として。
マスが厳しく、ネットにシフトしたい代理店がいよいよ入ってきた。
やはりここは資本から。。。

はてさて(><)
そこに収益化出来る事業やビジネスモデルはあるのだろうか。?
…。

日々言われていることですが、確実な環境要因の変化と変質はもはや従来の枠売りに縛られていては限界だと。。。
そこで。新たな指標や価値の創造が謳われてたりしますし、ネットだけでみるなら現状打破はメディアサイドに依存しやすい話だと思います。
ネットを活用したメディアをどうつくっていくか。という課題。
今後大手総合代理店は今後どんな動き方をしてくるのでしょー


ネット広告市場、といえばアメリカでは成長率が停滞しはじめたという話もちらほら?ディスプレイアドに関しては低下とも。

日本はしばらく伸びる予想がシードさんからもでてましたが、油断してはいけないとこだと思います。

ただ、今のところ世界規模でみればネットユーザーは増え続けているらしいので、
ターゲットの伸びしろ自体はまだまだあると思います。
(ネット祝、10億人らしい。因みに中国での割合が最も高く、全体のうち18%を占める約一億八千万人。
日本は約六千万人とのことで中国の半分にも満たない。ただ、それでも3位。)

あらゆる国のユーザーをターゲットに据えるならネットは優位なんじゃないかなと思います。

サーチの部分だと、去年からGoogleが翻訳制度の向上とともに検索結果のコンテンツを翻訳する仕組み(CLIR)を試してるらしく、ここには非常にわくわくする想いを抱いたり。
夢抱きすぎ…?


話がだいぶぶっとびますが、
SaaS動向も気になるところで。。
マイクロソフトがAzureを基盤として動き始めている、
これまで提携した企業とのシナジーを製品としてでなくサービスとしてつくっていけるのだろうか?

同じくサーチという分野でいうならここにエンタープライズサーチの概念が入ってくる。
コンシューマ向けでないとはいえ、サーチの原点はどちらかといえばエンタープライズの方向にあると思うので、サービスとしての採り入れ方はいろいろあるんじゃないかなぁと思ったりするのですが。どうだろう?MS。


浅はかな内容ですいません。。
当事者の方は大変なんだろうな…



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldwidewebad.blog117.fc2.com/tb.php/291-44638a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。