WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国内の検索シェア、ヤフーが47.4%、グーグル35% - comScore Japan調査

日本国内の検索シェア、ヤフーが47.4%、グーグル35% - comScore Japan調査
調査会社コムスコア・ジャパンは2007年9月12日、日本国内の検索市場に関するデータを発表した。

2006年7月と2007年7月の検索数、検索回数、検索シェアデータを発表。全検索件数は2006年7月の47億5,400万件から57億9,500万件と21.9%増加。これを検索エンジン別に見るとヤフーは31億3,400万件から27億4,400万件と12.4%マイナスに対してグーグルは13億2,200万件から20億2,700万件と53.3%増加している。さらに検索シェアもヤフーは65.9%から47.4%と1年で18.6%マイナスに対してグーグルは27.8%から35.0%と7.2ポイント増加。グーグルが急激にヤフーを追い上げている。



コムスコアジャパンいよいよ始動。「qSearch 2.0」で日本の検索市場を斬る

米ネット視聴率調査会社comScoreは、今年日本法人を設立したばかり。その日本で新しい調査手法「qSearch 2.0」を導入したことを発表。新測定手法による、Yahoo!とGoogleのシェアが接近しつつあるデータを示した。

「qSearch 2.0」は、広範囲かつ多種多様な検索サービス・検索行動を調査対象としている。主なものとして、主要な検索エンジンはもちろん、MySpaceや百度、Naverなど、ユーザーによる検索活動が行われている世界的な50のトップサイトやサービス、楽天やアマゾンなど主要なオンラインショップサイトにおける検索のロケーション、検索エンジンにリダイレクトされた「パートナー検索」、1つの検索キーワードをカテゴリを横断して検索する「クロスチャンネル検索」、そして地図や地域情報に対する検索。comScoreはこれらを対象とした調査を行い、日本、米国、中国、韓国、カナダ、メキシコ、英国、フランス、ドイツといった各国の検索市場に関する広範囲な調査レポートを提供する。


いよいよやってきました。
データ上、googleは日本の検索市場でyahooを超える日はくるんでしょうか。

以前、両方の検索エンジンを使うユーザーを調査した結果も出てましたが、(※Yahoo! ユーザーの4人に1人が Google を検索~検索とアクセスに関する調査

今後はそーゆう傾向の方が強いのではないかと思います。
横断サイトが普及するかどうかは別にしても
ブックマークやリンクから検索を横断するケースは多々あるのではないかと。
それに加えて、必要な検索結果を得るための検索行動は今後も広がると思います。

リファラー分析の今後は、単純に一つのリンク元からの分析ではわからないことも多くなるのではないかと思ったりしてます。



ちょっと話はずれますが、中国では下記のような話も。
どこの国でも市場動向の話題はつきません。
判断基準がAlexaだというのは初めて知りました。
日本とは全く違う状況です。

Alexaランキングに敏感な中国インターネット業界
中国のポータルサイトというと、中国でインターネットが普及してからずっと第1に新浪(Sina)があり、続いて捜狐(Sohu)、網易(NetEase)という認識が定着している。ところが2007年8月中旬よりAlexaにおいて2週間以上捜狐が新浪を上回ったことから、捜狐が新浪越えをし、中国のポータルサイトの頂点に立ったと捜狐自身が大きく宣伝した。中国インターネット史初の快挙に大きな話題を呼んだ。

Alexaは、サイト評価のための算出方法をたびたび変更する。捜狐の新浪越えの話題がさめやらぬ8月31日にもまたAlexaは算出方法を変更した。その結果、約3割の中国のサイトがランキングを下げたか、ランキング圏外となり、新浪も捜狐もまたランキングを下げた。捜狐の下がり方が新浪以上であったため、捜狐は新浪にトップの座を明け渡す結果となった。
再度のトップの入れ替わり以上に話題になったのが、尋常でないランクの下降を記録した捜狐だ。くしくも直前までAlexaでの中国トップ記録の報告を広告スペースで大々的にアピールしていただけに「Alexaで数字が上がるように細工やインチキをしていたのではないか」という疑惑がにわかに沸き起こった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://worldwidewebad.blog117.fc2.com/tb.php/70-5d816387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。