WEB-AD SEARCH

↑ Grab this Headline Animator

WEB-AD SEARCH

since:2007/08/26 ネット広告・サーチ関連の記事メインです。ヒヨッコが気分でコメントするBlog。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CAモバイル:最近のニュース 9/22

サイバーエージェント、「Amebaモバイル」をiモード公式サイト化--課金コンテンツも開始
サイバーエージェントは9月18日、同社が運営する「Amebaブログ」のモバイルサービス「Amebaモバイル」(http://m.ameba.jp/)をNTTドコモのiモード公式サイトにするとともに、著名人による限定ブログ記事のコンテンツ課金を開始した。
 課金コンテンツの月額利用料は315円。サービス開始にあたり、押切もえや竹原慎二、サエコなど、7名の著名人ブログの記事中に、有料会員のみが閲覧できる特別な記事や画像をアップする。
 サイバーエージェントでは、今回のiモード公式サイト化によって、モバイルでの流入増加およびAmebaモバイルの月間アクセス数50%増を見込んでいる。


有料化することでのコンテンツの充実度は当然求められるかと思います。
現時点で、より収益度の高い無料サービスでのユーザー母数獲得が出来ないということでしょうか?

サービス関連ではありませんが、下記のような取り組みも。

CAモバイルとALBERT、資本提携を実施。リコメンデーションエンジンのモバイル事業での活用を推進
 リコメンデーションの専門企業である株式会社ALBERTは、株式会社シーエー・モバイルを引き受け先とする第三者割当増資を実施することを発表した。
 この資本提携により、シーエー・モバイルのモバイルコマース事業でのリコメンデーションエンジンの活用と、モバイルサービス事業者へのリコメンデーションエンジン供給事業での連携で協業を行なっていく。


意外な気もしますが、今後ASPとかやってくんですかね。
ALBERTといえば・・様々な検索エンジン~感性・視覚的な検索~でも書かせてもらってます。
モバイル関連でどのようにシステム使っていくのか、ちょっと気になる。
モバイルでは、まだまだ情報の整理が進んでないイメージを持っているんですが(古い?)どう分類していくのでしょう。

分類するための収集の部分が進む・若しくは必要な部分のデータを収集できるとしたら良いなぁとおもいます。
モバイル関連はいろんな方向から開拓が進んで来ていると思うので、どうなっていくのかよくわからなくなってきます。


CAモバイル、日経出版と共同でモバイル辞典サービス

サイバーエージェントの子会社でモバイルコンテンツ事業などを手がけるシーエー・モバイル(渋谷区桜丘町)は9月18日、日本経済新聞出版社(千代田区、以下「日経出版」)と共同で、モバイル向けサービス「NIKKEI ビジネス辞典」をiモード向けに開始した。
 日経出版が出版する書籍などの内容をベースに、ビジネス分野に特化した情報を提供。サイトでは主に、5,000語のデータベースから経済新語などのキーワードを検索できるサービスを提供。30代~40代のビジネスマン層などの利用を見込む。
 検索サービスは、「経済新語辞典」(4,000語)と「株式用語辞典」(1,000語)の2種類。ほかに、経済時事コラムやイラスト付きでビジネスマナーの基礎を教える「ビジネスマナー入門」、日本経済新聞の連載企画「私の履歴書」などのコンテンツを用意した。
 iモードのトップページ「iメニュー」内の「辞書・便利ツール」として運営する。月額利用料は315円(パケット代を除く)。


日経関連は有料が多いですが、その分有用なものも多いと思います。
確か同様のコンテンツは前からあって、無料版もあったような気がします。
検索でwikiが上位にいる分、有料は残念。

クロスリスティングの配信先追加

クロスリスティング、「顔ちぇき!」への広告配信を開始
クロスリスティングは9月7日、携帯電話向けコンテンツ「顔ちぇき!~誰に似てる?~」への広告配信を開始したと発表した。



携帯電話向け「モバイルgooランキング」への広告配信がスタート
株式会社クロスリスティングは、 NTTレゾナント株式会社が提供する携帯電話向けサイト「モバイルgoo」内「モバイルgooランキング」への広告配信を開始。


大きいニュースではないですが、まとめ。

30%が常にマナーモード、半数以上が常にバイブ使用~携帯電話の音に関する調査

30%が常にマナーモード、半数以上が常にバイブ使用~携帯電話の音に関する調査
インターネットコム株式会社と株式会社クロス・マーケティングは
「携帯電話の音に関する調査」を行い、マナーモードやバイブレータなど、
携帯電話から出る音を抑えるような機能に関して、ユーザーの意識を探った。

まずマナーモードの利用状況を見てみよう。「あなたは携帯電話のマナーモードをどのように使っていますか」との質問を行った。

「場所によってはマナーモードにする」との回答は64.7%(194人)。
6割以上の回答者が、ごく普通の使い方をしているようだ。
一方「常にマナーモード」という回答も30%(90人)に上っている。
なお、「その他」の中には「マナーモードは使用せず、放置」との回答が1つだけあった。


次にバイブレータ機能の利用状況を見よう。
「あなたは携帯電話の通話着信告知にバイブレータ機能をどのように使用していますか」
との質問を行った。

その結果、「常に使用している」との回答は53.3%(160人)と半数以上にも上った。

2006年8月の調査では、バイブレータ機能を常にオンにしている回答者は39.3%であった。
そこからさらに「常にオン」派が増加し、半数を超えてしまったようだ。



私の着信音量は必ず最大です。www
なぜならば!めざましで起きないから・・・・。
最近は仕事中もマナーモードにする回数が減りました。
(イヤホンつけっぱなしなので音なりません)
みんなどんなタイミングでON→OFFとかにしてるんでしょ??

公式・勝手サイト2ページ以内を保証する「成功報酬型モバイルSEO」サービススタート


公式・勝手サイト2ページ以内を保証する「成功報酬型モバイルSEO」サービススタート
インターネット広告代理店事業を手掛ける株式会社サンフィニティーは、
9月4日より、モバイルサイトにおける成功報酬型のSEOをスタート。
対応サーチエンジンはEz-Google、Googleモバイル、Yahoo!ケータイ、Yahoo!モバイル。


P2以内での成果報酬型とのこと。
勝手サイトの上位表示に注目。

Googleやyahooを使うとき。。。
勝手サイトを探したい場合の方が多いような気がします。
EZ・softbank使ってるユーザーはわかりませんが。
公式サイトは、誘導方法自体が検索ではなかったりする気がする。


すぐにどうにかなる話でもないと思いますが
モバイルはまだまだ課題が多い気がします。

①今後も媒体は「ケータイ」なのか
 音楽プレーヤーなど他の携帯プレーヤーとの融合が期待される。

②通信・配信・技術的に現状と変わる可能性がある。
 今話題のWIMAXとか。TV関連コンテンツの配信とか。

③ユーザーはPCと同様の行動をとるとは考えにくい。
 現状解析が難しい。→効果の分析も難しい

なんて。。。いつか変わっていくかしら。?

楽天とUSEN、共同で携帯電話向け音楽配信サイトを開始

楽天とUSEN、共同で携帯電話向け音楽配信サイトを開始

楽天とUSENは9月3日、携帯電話向けの音楽配信サービス
「楽天ミュージックモバイル」を開始した。
「着うた」をはじめ「着信メロディ」「着信ボイス」「動画」といった、
各種マルチメディア・コンテンツを用意する。
当初はNTTドコモの「FOMA」端末向けに提供し、順次ほかのキャリアへの対応を進める。


意外とお金結構とるのでちょっと驚きました。

DACとmediba、携帯キャリア初の行動ターゲティング広告を商品化、今秋より販売開始


■DACとmediba、携帯キャリア初の行動ターゲティング広告を商品化、今秋より販売開始

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社は、
au携帯電話インターネットサービス「EZweb」のポータルサイト
「au one」を運営する株式会社medibaと共同で、
モバイルでの行動ターゲティング広告の商品開発を開始し、
今秋より販売を開始する。



最近めっきりモバイル関連の動きが活発化。
この記事に関してはモバイルまとめとして
今週末に書き直そうと思います。

クロスリスティング、モバイル向けコンテキスト広告の配信パートナーを3サイト追加



最近のクロスリスティング。
こんな感じ。


昨日。
携帯電話向けコンテキスト広告の配信パートナーを3サイト追加


ちょっと前にこんなの。
携帯電話向け「10代カテゴリ」の配信がスタート


さらにちょっと前。
携帯電話向けコンテキスト広告の提供を開始!



wiki。エフルート。

エフルートといえば・・・・
[PDF]エフルート、GPS利用したエリア検索開始とか、顔ちぇきに入ったとか、モバイル検索でyahoo、Googleについで3位。
なんてゆうのが記憶に新しく。。。

ちょっと気になりますが、
モバイルなので検索系はどうなんでしょう。

検索・質問系サイトにコンテンツマッチ。
コンテンツマッチになることで
通常よりCTRは分散する???
クライアントとか掲載する側に対して
料金はどこで差別化していくつもりなのか、
今後注目。

そしてどのくらいのマッチなのか気になります。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。